ジャズボーカルコース

受講内容について

ジャズ史上に残る偉大なミュージシャンやボーカリストを参考にしながら、ジャズボーカルの基礎を学んでいきます。ジャズのリズム、歌に対応した正しい英語の発音の研究を通じて、それを修正していきます。

 

長らく日本の風土に慣れ親しんでいると、盆踊り・民謡・演歌などの、邦楽のリズムが自然に身に付いています。しかし、その感覚でジャズを歌うとなると…当然、英語で歌ったとしてもジャズボーカルにはなりません。

 

その原因は、日本語的な英語の発声・発音法や、そこから発生するリズムの取り方にあります。 日本人なら誰もが知らず知らずのうちに身に付けてしまっている日本的なリズムの取り方を指摘し、西洋音楽、ここではジャズのリズムトレーニング、歌に対応した英語の発音の研究を通じて、それを修正していきます。

 

素敵なジャズボーカリスト達の歌っている姿は大抵、余計な力が入っていませんし、例えばステージで10曲以上を歌うのに、全力を使っていたら身体も喉ももちませんし、そもそも歌手としての生活が続きません。発声法の観点からも、疲れない、リラックスした、頑張らない歌い方を学んでいただきます。

 

また、ジャズボーカルでは、同じ歌を多くのボーカリストがそれぞれ自分の個性を活かしながら歌っています。しかも、どの歌手の歌を聴いても、間違いなく説得力のあるジャズになっています。 本コースでは、著名な歌手と同じ歌を歌うとしても、単にその歌手の物まねではない、自分自身の表現でありながら、きちんとジャズになっている歌を歌えるようになることを目指し、指導してまいります。

 

Facebookページに、ジャズボーカルのレッスンにまつわるエッセイを書いています。是非ご覧ください。